【海遊丸・藤井】スロージギングロッド考

まずはこの動画を見てみてください。


ロッドを思いっきり曲げてカッコよくスタンディングファイトで楽しんでますよね!
過去?には「ストレートファイト」が主流で魚はリールで獲るものみたいな風潮でしたが…ここ最近は天竜やYAMAGAさんみたいな曲げて獲るが主流になりつつあるような気がします。自分も小さいながら工房を持ちロッドメーキングもする事から最初から曲げて獲るを目指してきました。なぜかと言いますと先ずはファイティングタイムが早い事、乗り合い船の船長という職業柄なるべく早く獲物をゲットしてより多くのお客様に地合いとチャンスを与えたい。リリースする魚のダメージを極力少なくしてあげたいなどの事からブランク開発してます。
非力な女性や初心者に難しい事をあーじゃないこうじゃないでは釣り師自体が減少そして低迷している時代には逆効してるのではないでしょうか?
自分自身幼少の頃から釣具店に生まれて遊び道具は釣具でした。月に数回しか釣りをしない(出来ない)開発チームではたして良品が開発出来るのか?そしてメーカーさんのインストラクターやモニターさんにおかれましては材質の特長やブランクスのモーメントなどなど理解しておられる方が何人いますか?自分を良く思ってもらいたいあまり意見も言えず知識も無さすぎの様な気がします。そもそもロッドとはルアーを魚が気に入ってくれる様に操れて魚の引きに耐えて思いっきり曲げてファイト出来るのが理想的あると考えこれからのロッド開発に力を注いで行きます!

kaiyuumaru 【TV】

この記事にコメントをする↓↓

この記事にコメント・いいねを追加する

3+

関連記事

2019.3.27 スロージギング 【アングラー 加藤 友章】

【海遊丸・藤井】コマセ真鯛も釣れれば楽し🎶

【テンプレート】アングラー【プロフィール】

【ミモコン加藤】2/13 春の準備

【ミモコン加藤】コマセマダイ初挑戦!

【吉野寿一】釣果情報「2月3日」【海遊丸】ジギング『青物フィッシング』